やりたい仕事の見つけ方

好きなコトを仕事にしたいみんなのサイト

やりたい仕事がなかなか見つからない人の共通点:前編

      2016/02/27

天職チェック
自分が心からやりたい!と思う仕事を探しているけれど、どうも見つからない。
毎日毎月毎年、同じように過ごしていて突破口が見当たらない・・・ということがあります。

そんな人には共通点があり、「だって」「でも」と理由をつけて、その共通点を打開しようと思わないのです。
あなたは何個当てはまりますか?
まずは前編10項目を紹介します!

スポンサーリンク
DODA

1:今の事より将来のことばかり考えている。

「将来ああだったら・・・」「もしこうなったらどうしよう・・・」など、
これから起きるであろうハプニングやアクシデント、ラッキーな展開などを妄想してばかりで、
なんの行動も起こさない状態です。
なんの行動も起こしていないので、現実は何も変わりません。

2:いろいろ試すのが億劫。

できれば一発で正解を当てたいと思い、自分で試すより先に誰かに正解を聞いたり、誰かがやった通りばかりを真似る状態です。
もっと多くの可能性があっても、誰かがやったことがなければやれないし、自分でやったことのない方法はやりたくもないという場合、自分では見たことが無い経験は得難いでしょう。

3:挑戦が嫌い。

なにか新しいことに挑戦しよう、自分の力の限界を試してみよう!と思わない状態です。
失敗を恐れていては、それが自分にとって良かったのか悪かったのかすらわかりません。

4:誰かの役になんて立ちたくない。

仕事は、誰かの役に立つことで成り立ちます。
自分がやりたいからという理由だけでは、当然成り立ちません。

5:計画通りに行かないと嫌。

やりたい仕事を見つけるために、「いつまでに」「どのぐらい」と計画をたてて、その通りに行かないと無性に嫌になってしまう人もいます。
人生は計画通りに行きません。仕事もまた、計画通りに行かないことはご存知だと思います。
それは、やりたいと思う仕事も同じなのです。

6:他の人のやりたい仕事を自分がやりたい仕事として思い込む。

誰かがキラキラと輝いているのを見て、「私も同じ仕事をすれば、輝ける!」と思ってしまうパターンです。
その人は、自分がやりたい仕事をやっているから、輝いているのであって、
その仕事があなたを輝かせてくれるわけではありません。

7:自分の得意なことや好きなことを、単品で見ている。

アニメとカフェがコラボして「アニメカフェ」ができたり、レストランとウェディングが合わさって「レストランウェディング」というカテゴリができたりと、何かと何かが合わさって新しい仕事ができることが多くなってきています。
自分の得意なことや好きなことを、1つだけ取り出して、やりたい仕事にするよりも、組み合わせたほうがグッとくるかもしれません。

8:関わる人が違う

例えば、やりたい仕事を見つけよう!と思っているのに、やりたい仕事より稼げる仕事を重視している友人と多くの時間を過ごしていたり、働くことよりも子育てに夢中な奥様方と一緒に過ごしていると、
いくら「やりたい仕事を見つけたい」と思っても、そういう雰囲気にもなりませんし、情報も入ってきません。

9:頑固

自分の考えをしっかり持つことは大切ですが、頑なに守って他の考えを受け入れたり、試さないのは、非常にもったいないことです。
「そういう考え方もあるんだな」と受け取るだけでも、新しい未来が開けてきます。

10:すでにやりたい仕事についている人と、話をしない

一番の近道は「やりたい仕事」に既に就いている人に話を聞いてみることです。
しかし、「そんな人知り合いに居ない」と、探すこともせず、話しかけることもせず、一人でがんばろうとしてしまう人が多いのです。

 

いかがでしたか?
この10項目中何個か当てはまってしまった人は、ぜひ自分を改めてみてくださいね!
後半10項目もお楽しみに!!

やりたい仕事がなかなか見つからない人の共通点:後編はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク



 - 見つからない原因 , ,