やりたい仕事の見つけ方

好きなコトを仕事にしたいみんなのサイト

やりたい仕事よりも、お金を稼いだほうがいい人の特徴

      2016/02/25

ビジネスウーマン

やりたい仕事がしたい!と言っても、よくよく聞いていけば
やりたい仕事を探してその仕事に就くよりも、お金を稼いだほうがいい人がいます。

それなのに、やりたい仕事を探して、その仕事を職業にしてしまうと
なんだか違和感を覚えたり、コレジャナイ感を感じたりしてしまうんです。

あなたはやりたい仕事を見つけたほうがいい人でしょうか?
それとも、お金を稼ぐほうに集中したほうがいい人でしょうか?
判断する基準をお伝えします!

スポンサーリンク

やりたい仕事をして、どうしたい?

「やりたい仕事よりも、お金を稼いだほうがいい人」の最大の特徴は、ビジョンの違いです。
やりたい仕事をして、それをし続けているビジョンを描いているのか、
それとも、やりたい仕事でお金を稼いで、
稼いだお金で何かをしているビジョンを描いているか、その違いなのです。

もし、やりたい仕事でお金を稼いで、そのお金で何かをしたいという思いが強い場合、
やりたい仕事よりも、稼げる仕事を探したほうが、ずっと夢が叶いやすいのです。

例えば、やりたい仕事で稼いだお金で・・・
・世界一周したい
・豪遊したい
・値札を見ないで洋服を買いたい
・将来のお金の不安を払拭したい
・スゴイって言われたい、思われたい
・自由な時間が欲しい
・親を安心させたい
などが目的ならば、
お金を稼いだほうがいい人の特徴です。

もしかしたら
「どうせお金を稼ぐんだったら、やりたい仕事をしながら稼ぎたい」
と思ったのかもしれません。
しかし、本来の目的が「お金を得て何かをしたい」だったら
やりたい仕事を見つけてからお金を稼ぐのは、
遠回りになってしまう可能性のほうが十分あるのです。

やりたい仕事よりも、稼げる仕事を選ぶ理由

やりたい仕事をしているときは、生き生きとして、
毎日が楽しいように思えるかもしれません。
しかし、やりたい仕事と稼げる仕事を比べたとき、どっちが早く稼げるのかと言えば、
ダンゼン「稼げる仕事」なのです。

もし自分の夢が、やりたい仕事をやってお金を得た先にある場合、
どんなにやりたい仕事をし続けていても、
なかなか叶わない「その先の夢」に絶望したりイライラしたりしてしまいます。

自分の夢が
「やりたい仕事をする」ことで得ることなのか
「やりたい仕事をした先にあること」なのか
しっかり考える必要があります。

それでは、お金を稼いでやりたいことがある人は、
どうやって夢をかなえたらいいのでしょうか?
次回は「お金を稼いだほうがいい人」にオススメな夢を叶える方法をお伝えします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



 - やりたい仕事に関する迷い , ,