やりたい仕事の見つけ方

好きなコトを仕事にしたいみんなのサイト

やりたい仕事が『動画配信』の場合に考えておきたいこと

      2016/12/21

動画で稼ぐ

最近流行の、動画配信。
「将来の夢はユーチューバー」という子供が出てくるほど
10代、20代には、動画配信で稼ぐということが職業として定着しつつあります。

もし、やりたい仕事が「動画配信」だった場合
ほぼ芸人と同じように自分の将来を考えていく必要があるでしょう。

今とても人気のあるこの仕事に注目してみようと思います!

スポンサーリンク
DODA

動画配信でお金を稼ぐことが何歳までできるか

例えばyoutubeは、2015年に10周年を迎えました。
youtubeの収入は右肩上がりと思いきや、最近は落ち着いてきているようです。

『動画配信』という1つの時代を築いたわけですが
もしかしたら、動画よりも人々を惹きつけるものができる可能性もあるのです。

一昔前はゲームがそうだったように。

もしも動画が廃れてしまったらどうするか。
リスクヘッジとして、そのことを考えておいたほうがいいかもしれません。

死ぬまで遊んで暮らしたいなら、お金の勉強を!

動画配信で稼ぐ場合、ほとんどの人が個人事業主になるでしょう。
中には毎月100万円以上を稼ぐ動画配信者もいるようですので、
もし大物の動画配信者になろうとするなら、当然税金などの知識が必要になってきます。

また、稼げる月、稼げない月がありますので
お小遣い帳をつける以上にお金をコントロールするメンタル面も鍛える必要がありますね。

難しく感じるかもしれませんが、このお金の知識やメンタルを身に付ければ
動画を配信しなくても、死ぬまで遊んで暮らせるお金ができている・・・ということも可能なのです。

学校の勉強と違って、ダイレクトに人生で使える知識です。
覚えて使えるようになれば、より人生が楽しくなります。

早ければ早いほどいい!

お金の勉強は、動画を配信する片手間でできます。
まるで資格の勉強をするかのようにやればいいのです。

税金やお金に関する本は、書店にたくさんありますし
NISAができたこともあって、証券会社に口座開設してログインするだけで、
お金を貯めたり運用したりすることを、無料で勉強することもできます。

正社員になれば、お金のことは全部会社がやってくれますが、
個人事業主の場合、自分でやる必要があります。

これからはマイナンバーで報酬を管理されるので
個人事業主登録をしない、申請しない、ということもできそうにありません。

動画配信の場合、いつブレイクが来るかわかりません。
ブレイクしてからお金の勉強をしようと思っても、忙しくなってしまう可能性もあります。
早ければ早いほど、お金で騙されることもなく、効率的に稼いでいけるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?
新しい分野の職業ですが「会社に属していない」「自分で稼いでいる」と思えば
個人事業主とあまり変わりありません。

しかもエンターテイメントは流行に左右されやすい分野でもあります。

私も若い頃は、ゲームはソフトを買って楽しむものと思っていましたが
今は無料のゲームをオンラインで遊び、好きなだけ課金するというスタイルに変わってきました。

10年、20年で、やり方が変わり時代が変わってしまうのです。

そうなると、稼ぎが変わってきたり、この分野で活躍できる人数が変わってきたりします。

やりたい仕事をして、悠々自適な生活を送るために
将来もしっかり見据えていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



 - その他 , ,