やりたい仕事の見つけ方

好きなコトを仕事にしたいみんなのサイト

好きなことを仕事にするメリット・デメリット

      2018/04/22

 

好きなことを仕事をしたい!と思う理由はさまざまですが、本当に好きなことを優先して仕事を選んでいいものか、時々不安になることも。
やりたい仕事についたほうが良かった!と確実に言えればいいのですが、もし転職して上手くいかなかったらどうしよう、元の仕事のほうが良かったら・・・なんて考えたら心配になってしまいますね。

だからといって一生に一度の人生を台無しにもしたくないと思います。
ここで、好きなことを仕事にすることのメリットとデメリットを整理しておきましょう。

スポンサーリンク

好きな事を仕事をすることのメリット

1:辛くても頑張れる!

好きなことを仕事にするメリットの1番はなんといっても「辛くても頑張れる」こと。
むしろやりたい事なので、はたから見ると大変そう、辛そうと感じても、本人は楽しくてしょうがないということも。

残業や休日出勤も、やりたくない仕事に比べたら全く苦になりませんし、人間関係が多少ギクシャクしても、それを理由に簡単に仕事を辞めようとは思いません。

2:自分のことが好きになる、自信がつく

好きなことを仕事にしているので、仕事に詳しくなったり経験をつめばつむほど、理想の自分に近づいていきます。
やっていることにも自信がつきますし、そんな自分をもっと好きになれるのです。
自己肯定感を増やすためにも、好きなことを仕事にすることはメリットと言えます。

3:幸せを感じる

やりたくない仕事をしていると「なんでこんな仕事してるんだろう」と思ってしまう人も多く、毎日、生活のためだけにやるとなると、生きてるけれど、生きている意味が無いような感じがしてきます。

もっと人生を楽しみたい!活き活きと過ごしたい!という思いに答えてくれる1つの方法が、やりたい仕事に就くことです。
自分の好きなことで、誰かが喜んでくれるのを見るだけでも、人はとてつもない幸せを感じるんです。

 

好きな事を仕事にすることのデメリット

1:理想とのギャップに苦しむ可能性

「こんな仕事がしたい!」と思って始めたものの、理想どおりに行かずに困ってしまうこともあるのが、好きなことを仕事にする場合によく遭遇するデメリットです。
現実が思ったよりも厳しくて、あんなにやりたいと思っていたことも、やりたくないことに変わってしまう可能性がるのです。
そのため、好きなことを仕事にしようと思ったら、自分の理想とどのぐらいギャップがあるのかを慎重に調べる必要があります。

2:年収が減る、福利厚生の恩恵が受けられないなど

多くの人が「こんな仕事がしたい」と思う仕事の大半が、福利厚生や年功序列型でお給料が上がるような会社には無く、個人経営やベンチャー企業に多いのもデメリット。
特に流行の変化が激しい昨今では、魅力的な仕事は少人数で動きやすい会社のほうが扱いやすいため、どうしても今「こんな仕事がやりたい」と思うと、収入が思うようにならないことが多いのです。

もし今、福利厚生がしっかりした会社に勤めていて、やりたい仕事を探そうとしている人は覚悟が必要です。

 

こうしてメリットとデメリットを見比べて見ると、自分の毎日を充実させるか、生活を安定させるかの二択のような感じがしてきますが、実は、やりたい仕事や好きな事を仕事にしてるほうが稼げるかもしれないんです。

こちらの記事も合わせて読んでみてくださいね。
稼げる仕事はやっぱり「やりたい事」「好きな事」である理由

スポンサーリンク

スポンサーリンク



 - 心のブレーキを外す, やりたい仕事に関する迷い , , ,