やりたい仕事の見つけ方

好きなコトを仕事にしたいみんなのサイト

やりたい仕事以前に、仕事が見つからない場合の解決方法

      2017/07/12

仕事が見つからない

やりたい仕事をしたい!という以前に、今、生活をしていく為にお金を得る仕事が見つからないという場合がありますよね。

やりたいと思う仕事は全部不採用で落ちてしまい、残るのはどうしてもやりたくない仕事ばかり・・・。
生活のために、やりたくない仕事だけど頑張ろう!と思えるのは数日で、やはりやりたくない仕事はやりたくないものです。

最近は景気が回復してきたこともあり、求人が増えてきました。
数年前の「求人自体が無い」という状態は、もうとっくに抜け出しています。

それでも仕事が見つからないのば、どうしてでしょうか?
原因と解決方法を考えて見ました!

 

スポンサーリンク
DODA

やりたい仕事に対するスキルや資格、経験が足りない

やりたい仕事に応募しても不採用になってしまう・・・という場合、そのやりたい仕事をして欲しい側が求めている人間像に当てはまっていない場合があります。

やりたい仕事がやれるなら、勉強しよう、身につけようと思うのは遅いです
特に中途採用の場合、雇ってくれる側は即戦力を欲しがります。

やりたい仕事をするために、自分が身につけたらいい能力は何なのかを調べてみましょう。
もしかしたら資格よりも、経験や、言葉遣いや態度、清潔感などの身なりかもしれません。

しっかりリサーチすることが必要です。

 

自分の視野が狭くなっている

やりたい仕事=職業だと思っている人は要注意!
職業ではなく、「人と直接やり取りが出来る仕事」「一人でもくもくとできる仕事」など視野を広げれば、もっと自分のやりたい仕事に近い仕事が出てきます。

やりたい仕事は職業ではなく、やりたい事をやることでお金が得られる状態(生き方)です。
自分がやりたい職業があるなら、それはどんな仕事で、どんなことに生きがいややりがいを感じるのか、一度じっくり考えて見ましょう。

また、なんとなく地元にいるという人は、思い切って県外に出たり上京するのも、おすすめです。
人口はどんどん関東圏に集中しているので、地元には無い求人も沢山あります。

 

正社員や福利厚生にこだわっている

もう二度と転職活動をしないように・・・!!と、正社員や、福利厚生にこだわって探している場合があります。
気持ちはわからなくもないですが、ぶっちゃけた話、この先世の中ががどうなるか分かりません。
正社員が安定し続けるという保証も、福利厚生がこのまま良い待遇のまま続く保障もありません。

また、もう二度と転職活動をしないように!と思うと、保守的になってしまい、結局は「こんなつもりじゃなかった」と思うような職場に勤めてしまうことも。

「あと2,3回転職してもいい」という気持ちで仕事を探してみましょう。
仕事をしていない期間を埋めるなら、アルバイトでも十分言い訳が効きます。
むしろ何も仕事をしていないよりも好感を得られます。

アルバイトならどこも人手不足なので、雇ってくれる可能性大!
やりたい仕事や、やりたい仕事に近いアルバイトがあったら、気軽に応募して経験を積んでみましょう。

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

 

いかがでしたか?
仕事が見つからない・・・という場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



 - 見つからない原因 ,