やりたい仕事の見つけ方

好きなコトを仕事にしたいみんなのサイト

やりたい仕事でも働きたくないと思ってしまう理由5つ

      2017/03/15

やりたい仕事を見つけたい一方で、そもそも仕事をしたくない、働きたくないという思いを抱えていませんか?

実は、やりたい仕事かどうかにかかわらず、仕事そのものに対してネガティブに思っている事があると、どうしても「仕事しよう」「働こう」と思うだけで、憂鬱になってしまうのです。

働きたくないという思いには、どんなものがあるでしょうか?

スポンサーリンク

やりたい仕事見つける前に、働きたくない理由5つをチェック!

1.嫌われたくない
上司や同僚、お客様などに、「嫌われたくない」と思うことで変に気を使ってしまうため、業務以外のところで神経がすり減ってしまいます。
どんな仕事をしても、人と関わることは必須。
そのため、嫌われたくないと思ってるだけで、仕事そのものが億劫になってしまいます。

2.いろいろ引きずってしまう
仕事上の失敗や、自分への批判など、ずっと引きずってしまう人は、どんな仕事をしても引きずってしまいます。
反省することはいいことですが、引きずってしまうと自分を責めっぱなしにもなってしまうので、どんどん自信をなくして、働くこと自体にまで自信をなくしてしまうのです。

3.意見の対立
今まで働いてきた中で、上司や同僚、部下と、意見の食い違いで言い合いになった思い出がある人も「またあんな状態になるのではないか?」と思うと憂鬱になってしまいます。
やりたい仕事ならなおさら、こだわりなどの意見が対立する可能性があるので、より働くことを避けてしまいがちです。

4.全部自分でやろうとする
真面目でがんばり屋さんに多いタイプです。
みんなが断ってる仕事や、嫌われる仕事でも率先してやったり、誰かに任せるぐらいなら自分でやろうとしたり。
全部背負うので、気がつくとオーバーワークに。
オーバーワークでは、働くことを楽しむどころか、苦痛のイメージが定着してしまうのです。

5.仕事以外の不安要素
恋愛や家族関係、友人との関係、お金の問題や健康の問題など、仕事に集中できないほどの悩みや不安をもっていると、仕事に集中できません。
どんなにワクワクする事も、あまりにも不安や悩みが大きかったり、重要度が高かったりすると「働いている場合ではない」と思ってしまい、全く仕事に手がつかなくなってしまうのです。

やりたい仕事を見つける前に、働くことに対するイメージを変えよう

もし、5つの理由を「あるある!!」と思って読んでしまっている場合、きっと、働くことが億劫と感じていたり、やりたい事を仕事にすることに抵抗を感じているかもしれません。

しかし、働きたくないという気持ちのままでは、やりたい仕事を見つけたとしても、今の仕事で感じているような思いを抱えてしまう可能性が十分あります。

ぜひ、働くことに対するイメージを変えてみてください。
例えば、嫌われても働ける、一人で抱え込まなくても働ける・・・など、上記の5つの働きたくない理由を肯定しても、仕事として成り立ってもいいという許可を、自分の中に出して、それをイメージしてみましょう。
もしかしたら、今の仕事も楽しめるようになるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



 - やりたい仕事に関する迷い ,