やりたい仕事の見つけ方

好きなコトを仕事にしたいみんなのサイト

先輩や上司が仕事をしない理由はひょっとしたら・・・

   

あなたの会社にも、仕事をしなかったりサボりぎみの先輩や上司がいませんか?
せっかく意を決して会社に入ったのに、みんな適当な仕事ばかりしていて、出勤するたびにやる気が削がれる・・・。

もしそんな職場環境だったら、転職を考えたほうがいいかもしれません。
先輩や上司が仕事をしない、仕事にたいしてやる気が無い職場は、ひょっとしたら、こんなことが起きているかもしれないんです。

スポンサーリンク
DODA

先輩や上司が仕事をしない会社は、ひょっとして・・・

本来行うはずの面接をしなかったり、やるべき業務をうやむやにしたり。
責任も丸投げ、業務は改善するどころか、その場の対処だけで改善する気なし。
やるべき仕事は溜まりに溜まり、なんらかの審査や調査が入る時に一夜漬けでやっつける、などなど・・・。

先輩や上司が、仕事に対して真摯に向き合っていない場合、随分前から風通しの悪い職場だった可能性があります。

恐らく先輩や上司も、夢を抱いて入社したはずです。
しかし、今のあなたと同じくやる気を削がれて、生活のため、家族のため、とりあえず給料を貰うために、ただ会社に通ってきてるのかもしれません。

「いまさら何を言っても無駄」
「一人の力じゃ何も出来ない」
「この会社は閉鎖的だから」

適当に仕事してれば、お金が貰えて生活ができるし、いまさら転職も出来ないし、そんな気力も無い。
そんな境地に立っているのかもしれません。

歳を取れば取るほど、新しい事にチャレンジしたり再奮起したりするエネルギーがありません。
なので、部下や後輩から改善案を言われても、「めんどくさいことをしないで欲しい」との深層心理で、却下することもありえます。

社内で改善するまえに、会社自体が危うくなるかも

もしもそのような、風通しの悪い、先輩や上司がやる気のない会社の場合、当然売り上げは下がっていきます。
会社存続の危機になりますので、社内で改善しようと上層部は努力し始めるでしょう。

しかし、最近の経済や時代の流れはものすごく早く、あっという間に淘汰されてしまいます。
会議を繰り返しているうちに、取り返しがつかないほど経営が悪化してしまうかもしれません。

最近は、大企業でも資金繰りに苦労しているニュースが出てきています。
ひょっとしたら、あなたが勤めている会社も、既に沈みかかった船なのかも・・・。

自分の将来を考えて、今の会社に勤めたままでいいのか
それとも、やりたい仕事や、もっと生き生きとした会社に転職したほうがいいのか
考える時間を持ったほうがいいでしょう。

今はどこも人手が足りません。
私たちが、どこで働きたいのか選べる時代なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



 - その他 , ,