やりたい仕事の見つけ方

好きなコトを仕事にしたいみんなのサイト

やってみたい仕事と、やり続けたい仕事の違い

      2017/09/28

やりたい仕事を見つけたと思っても、何度かやったら飽きてしまって「これがやりたかったんじゃなかったのか・・・」とガッカリしたことはありませんか?

実は、やりたい事でも「やってみたい事」と「やり続けたい事」は違うのです。
やりたいことを仕事にするなら、やり続けたい事を見つけたいですよね^^

やってみたい事とやり続けたい事はどう違うのでしょうか?

スポンサーリンク

やってみたい事には無くて、やり続けたい事にあるもの

実は、やり続けたい事には、その事をやることによって、達成したい目標や、夢があるのです。
もしくは、そのことをやっている自分が好きだったり、自分らしいと感じたりすることなのです。

やってみたい事の場合は、その物事だけに関心があります。

たとえば、「テーマパークで仕事をしたい」場合。
この場合は、毎日テーマパークで楽しく仕事をしている自分や、毎日楽しい場所に通えること、楽しんでるお客さんと関わっている自分を想像すると思います。

もしも「やってみたい仕事」の場合は、ここまでです。
「やり続けたい仕事」の場合は、さらに面白いテーマパークにするにはどうしたら良いだろう?どうやったらもっと楽しんでもらえるだろう?と、さらなる夢を膨らませ始めます。

さらに、やりたい仕事をやっている自分の休日まで想像して、「この仕事をしている自分の人生」がワクワクするし、お気に入りだし、大好き!と思えるのです。

やってみたい仕事なのか、やり続けたい仕事なのかを確認する方法

ただ「この仕事をやりたいかも」と思っても、なかなか「やってみたい仕事」なのか「やり続けたい仕事」なのかは判断つかないと思います。

そんなときに、短期のアルバイトやプチ副業などをしてみると良いのです。
もちろん、ボランティアやお手伝いなどでもOK。

『大人の職業体験』な気分で、興味のあるものにトライしてみましょう。

小さく体験してみるだけでも、自分が本当にやりたいのかどうか、やり続けていけるのかどうかが判ります。
頭で考えているよりも、実際にやってみるほうが、断然早く「やりたい仕事をやっている自分」にたどり着けますよ!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



 - 見つける方法 , ,