やりたい仕事に転職する

やりたい仕事で起業する方法

更新日:

もしもやりたい仕事が、まだこの世にないサービスだったり、自分で自由にやりたい場合は、起業してみましょう。
起業といっても、今の時代難しいことではありません。
手元が0円でも起業できるので、ぜひやりたい仕事を軌道に乗せるまで頑張ってみましょう。

スポンサーリンク

DODA

やりたい仕事のプチ体験をそのまま続ける

一番簡単なのは「やりたい仕事をプチ体験する方法」に書いてあるプチ体験を、そのまま続ける方法です。
ココナラやminneでは、専業としてサービスを提供している人もいますし、ここでの経験を踏まえて、展示会やフェアへ出店するなどして、オンライン・オフライン共に活動を広げることもできます。

サグーワークスでは、審査を通過すれば、単価が高い「プラチナライター」に登録することもできます。
やればやるほどスキルも経験も手に入りますし、信頼と同時に仕事が増えていきます。

また、ショットワークスで見つけたバイト先で経験を積んで、実際に起業してみるのもいいでしょう。

起業と構えるよりも、趣味が転じて仕事に・・・のパターンが一番楽しく起業できます。

副業と本業を逆転させる

起業といっても、今やっている仕事をいきなり辞めるのではなく、最初は副業として本業と並行でやることがおすすめです。
そして副業が軌道に乗ったところで、今まで本業にしていたことを副業扱いしてみましょう。

派遣やアルバイトをしている場合は、副業が現在のお給料を上回ることが半年以上続いたら、派遣やアルバイトへ行く日数を減らしてみるような感じです。

現在正社員として働いていて、副業が難しい場合は、無料でのプチ体験をずっと続けて経験を積み、多くのファンを集めて、稼げる見込みが出来たときに、起業してみましょう。
※もしも「起業してクビになるのが怖い」という場合、クビでも年収1億円読んでみてください。勇気が貰えるかもしれません。

体系的に起業方法を知りたい場合

どうやって起業したらいいのかはネットでもたくさん書かれていますし、本屋さんにもたくさんの起業本があるので、自分にピッタリなものを見つけましょう。
私のおすすめは「はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術」です。
起業に関する大体の体系的なイメージが沸きます。

また、起業セミナーもおすすめです。
実際に起業した講師から生の話を聞くことが出来ますし、今の時代の起業に合わせたセミナーをしてくれます。
一人でもんもんと悩むよりも、スピーディに起業できるでしょう。

スポンサーサイト



-やりたい仕事に転職する
-,

Copyright© やりたい仕事の見つけ方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.