好きな事で稼いで自由に生きる方法

やりたい仕事の見つけ方

恐怖を乗り越える方法 その他

誰かが得すると、自分が損している気分になる理由

投稿日:

「誰かが得をすると、自分が損している気分になるから、起業しても売り出せない」という場合、一度立ち止まりましょう。

なぜなら「本当はやりたくない事」や「見合わない報酬」で仕事をしようとしているからです。

スポンサーリンク

DODA

誰かが得をすると、自分が損している気分になる!

例えば、好きな事で起業したはずなのに「あなたのおかげで助かった!ありがとう!」と言われると、なんかモヤモヤする・・・

相手は楽をして、私は苦労した=損したという気分になっていませんか?

ありがとう!と感謝されているのに、ぜんぜん嬉しくない場合、この先いくら頑張っても辛いだけですし、続きません。

本当はやりたくないことだった

やりたい仕事や好きな仕事を探しているうち、「他人が苦手で、自分のできる仕事」を選択してしまうことがあります。

それは、過去の感謝されたり、他の人より自分の方が上手に出来るのを知り、「やりたい仕事」より「求められる仕事」で起業してしまうからです。

見合わない報酬で引き受けようとした

やりたい仕事や好きな事でも、無料だったり格安で仕事を引き受けたとき、感謝されてもモヤモヤしてしまいます。

「無料や格安じゃないと、だれも私に仕事をくれない」という自己評価の低さは、仕事の質にも直結します。

やりたい仕事や好きな事でも、適正な報酬と引き換えに仕事をする覚悟を持ちましょう。

やりたい仕事を探すのは、簡単じゃない

やりたい仕事を探すには、自分の棚卸と、考える時間が必要です。

なぜなら

・自分が好きな事や、やりたい事
・誰かが求めている事
・お金になるか

の、3つの条件を満たす物やサービスを、探す必要があるからです。

これがなかなか難しく、何日も考えつかない事が多いのが普通ですが、しびれを切らした結果、「やりたくないけど求められる事」や「お金にならない事」をやり始めてしまうのです。

まとめ

「誰かが得をすると、自分は損をした気分」になるのは、やりたくない仕事だった時や、見合わない報酬で仕事を引き受けている時です。

一度立ち止まり、やりたい仕事についてじっくり考えてみましょう。

スポンサーサイト



-恐怖を乗り越える方法, その他

Copyright© やりたい仕事の見つけ方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.