好きな事で稼いで自由に生きる方法

やりたい仕事の見つけ方

ミドルの転職

やりたい事を見つける前に

40代からの転職は、在職中が吉!門前払いで無職にならない方法

更新日:

40代・50代になってから転職しなければならなくなった時は、在職中に転職活動をするのが鉄板です。

特に「管理職の経験が無い」「重宝されるような資格を持っていない」等で、自分自身でも「転職しても門前払いなんじゃないか」と思う人は、今から全力で転職活動しましょう。

40代からの転職は、惜しげもなく頼って!

「特に経験が無い」という人は、本当になりふり構ってられません。

ハローワーク・転職エージェント・転職サイト等、とにかく頼れるサービス全部に頼りましょう。

広告を見れば、転職エージェントや転職サイトは、20代・30代をメインに就職をサポートしているように思えます。

しかし早期退職や雇用年齢の上限が更新されるなどの時代の流れで、ミドル世代の転職エージェントも増えているので、調べてみてください。

とにかく、よっぽど自信が無い限り「一人で何とかしよう」と思わない事です。

時間の無駄になってしまいますし、この時間の無駄が「無職期間」を長引かせてしまう恐れがあるからです。

自身が無い人ほど、自己分析必須

「転職したいけど、私には何の特技も経験もない」と思っている人は、本当にそうなのかを確認してみましょう。

今の会社では「できて当たり前」と言われていたことでも、「その当たり前ができる人が欲しい!」という求人がある可能性があります。

自分にとって「大した特技や経験じゃない」と思っていても、他人から見たら「素晴らしい能力をお持ちですね」と言われてしまうこともあるのです。

また逆に「この経験が必要な求人は、もう無いですね」「この資格は昔必要でしたが、今は必要ありません」など、自信がある資格や経歴が時代錯誤になってしまっていることもあります。

自分自身のたな卸しをし、客観的に判断してもらう機会を持ちましょう。

自己分析や職務経歴のたな卸しは、ハローワークでも受けることができます。

転職エージェントに自分を査定してもらおう

転職エージェントを使う最大のメリットは「採用される可能性を、判断してもらえる」ことです。

ハローワークや転職サイト等では、実際に履歴書を送って見なければ、自分が求められる人材なのかどうか知ることができません。

転職エージェントの場合、今までの経験や経歴を査定したうえで求人を紹介してくれるので、紹介してくれる求人数や内容で「どのぐらい世の中に求められているか」を知ることができるのです。

また転職エージェントでは、意外な企業・仕事内容の求人を勧めてくることもあります。

一人で求人を眺めていると、どうしても偏ってしまったり、公開求人の中でしか選ぶことができないため、エージェントを使っている人よりも不利になる可能性があります。

もしも転職できなかったら国の制度で「学び直し」

自己分析や、転職エージェントでの査定の結果「どこも紹介してもらえなそう」「本当に門前払いになりそう」という結果になった場合は、「学び直し」を検討しましょう。

実は、月10万円の給付金を貰いながら、無料で職業訓練が受けられ、さらに仕事までサポートしてくれる「求職者支援制度」という国の制度のがあるのです。

実際、ハローワークで自己分析や職業相談の結果「いまのままでは就職が難しそう」と判断されると、職業訓練を勧められたりします。

くわしくは最寄りのハローワークで聞いてみてください。

-やりたい事を見つける前に

Copyright© やりたい仕事の見つけ方 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.