好きな事で稼いで自由に生きる方法

やりたい仕事の見つけ方

どっちがいい?

やりたい事を仕事にする方法

転勤先の仕事のやり方についていけない場合、転職するべき?しないべき?

更新日:

転勤すると、上司や土地柄・職場の規模が変わるので、今までと全く仕事のやり方が違って戸惑うケースがあります。

思わず「転職」の文字が脳裏にちらつくと思いますが、「〇年後に転勤が決まっている」などその場から逃げられる場合や、「自分が責任者になる」等自分がコントロールできる場合は、すぐに転職は考えなくてよいでしょう。

それでは、転職を考えなければならないのは、どんな時でしょうか?

もうしばらく転勤が望めない

例えば支店の統廃合で、別支店に来た場合などです。

特に「売上が良かった支店」のやり方を支持していくと思いますので、元の仕事のやり方は二度と望めないでしょう。

もちろん、新しいやり方を受け入れられるなら大丈夫ですが、元の仕事のやり方からなかなか受け入れられない場合は、職場ごと心機一転してしまったほうが良いでしょう。

不正・虚偽などを隠している

新しい転勤先が”誠実な仕事”をしていないと知ってしまった場合は、「転勤先と合わなかった」等の理由をつけて、穏便に逃げましょう。

おそらくずっと、同じ仕事のやり方でここまでやり過ごしてきているはずです。

改革できれば良いですが、大手企業ですらそれができず、昨今のニュースで不祥事が明るみにでているのです。

当事者にならないためにも、すぐ転職することを考えましょう。

「生活面で、すぐ辞めるのは難しい」というのであれば、転職エージェントを利用しましょう。必ず力になってくれるはずです。

モチベーションや評価が下がってしまった

仕事のやり方が違うだけで、モチベーションが下がってしまう場合があります。

この場合は自分の力を発揮できず、評価も上げられません。

「転勤先のやり方が合わなかった」ということが許容される社内風土なら良いですが、「融通が利かない」「この支店で成績があげられない」等のレッテルが貼られてしまい、管理職への道が遠のいてしまう可能性もあります。

すぐ転勤できるなら良いですが、成績を上げられないことで「モチベーションが上がらない職場で飼い殺し」されるよりは、見切りを付けて転職を考えた方が良いでしょう。

こんなことで甘ったれてはいけない!と思わない事

一番ダメなのが「自分だけが甘ったれてるのでは」「みんな頑張ってるのに、なぜ私はできないのだろう」と自分を責めて、合わない仕事のやり方に、無理やり合わせて無理をしてしまう事です。

どんなに無理をしても、会社側は「無理をしてくれている」なんて微塵も思っていません。「ちゃんと仕事で来てるな」ぐらいです。

無理をすればするほど、心身ともに病んでしまい、やりたい仕事で充実した人生を送るどころの話ではなくなります。

自分の直感は、大体正しいです。

「無理だな」と思ったら、転職を視野に入れて行動しましょう。

-やりたい事を仕事にする方法

Copyright© やりたい仕事の見つけ方 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.